Automotive Electronics

Softing TDX

ワークショップとロードテストで使用するための、診断とフラッシュ プログラミングのための柔軟なソリューション。

Softing TDXは、車両とコンポーネント のメーカーのためのユニバーサルなワー クショップ ツールです。車両全体または 個々の部品のトラブルシューティング、修 理、および試運転のために必要なすべて の診断機能をサポートしています。

適用領域

  • 車両メーカーのサービス ステーション
  • アフター マーケット向けのシステム メーカーのサービスステーション
  • サービス技術者のためのモバイル診断システム
  • ドライブ テストなどの開発部門
  • 販売会社の車両テストのための診断シーケンスの作成

診断機能、例

  • エラーメモリーの読込み
  • フレームデータを含むエラーメモリーの読込み
  • ECUのプログラミング
  • 計測値の読込み
  • クィックテストの実施

Overview

サービスにおける過酷な使用 状況にも柔軟なツール

Softing TDX を使用するとサービス テ スト担当者が、耐久性ラップトップを作 成して、VCI (車両通信インターフェイス) に最新のワイヤレス LAN を使用して接 続することができます。システム全体を、 ワークショップでもフィールドでも、車両 の中、外側、車両の下でも、あらゆる気候 条件でも使用できます。これ以上の診断 の自由度はありません。

高度なカスタ マイズが可能

Softing TDXのユーザー インターフェ イスは、使用する診断方法に依存しませ ん。従来型のECUベースの診断、または 現象ベースのいずれであっても、KIがす べての計測に対応します。 Softing TDXには障壁はありません。 シーケンスは、開発システムで生成さ れ、新しいリンクが作成されます(PDF、 画像、動画などの説明や図)。ユーザー インターフェイスは、企業のデザインや 個別のアプリケーションに合わせて調整 することができます。Softing TDXは、す でに20カ国語に翻訳されており、容易に 他の言語にも対応できます。

組み込まれたセキュリティ とユーザー権利の管理

サービス アプリケーションには多くのノ ウハウがあり、乱用される可能性があり ます。Softing TDXはこのような問題に も対応しています。ソフトウェアのコピー に対する保護として、ライセンスとユー ザー管理により侵害を防止することがで きます。また、ハード ドライブ上の データは保護されています: カスタマイ ズされた暗号化による。ロール コンセ プトにより、機能的な制限または他のグ ループに対する許可のメカニズムを提供 します、例えば特別に訓練された社員専 用の特定サービス機能へのアクセス。

世界標準のサポー トによる投資の保護

Softing TDXは、診断プロセスについて はOpen Test Sequence Exchange標準 に準拠し、制御装置の通信およびデータ 解釈についてはOpen Diagnostic Data Exchange標準に準拠しています。Open Test Sequence ExchangeまたはOpen Diagnostic Data Exchangeデータはす でに採用済みで、Softing TDXで利用可 能です。

2つのツール - 1つのゴール: サービスエイドによる容易 な定義

Softing TDXは、2つのツールを提供し ます。Softing TDX.studioは開発システ ムで、診断ツリーによるプロセスと表示 を使用しています。また、通信データの 入力には Softing TDX.studio を使用し ます。標準的なタスクには、テンプレー トとウィザードが利用でき、タスクをす ばやく実行できます。作成した診断は、 配布のためにそのままパッケージ化され ます。

全体として、あるいはパーツごとに。パッ ケージは、インターネット経由またはハ ードディスクで、サービス技術者または 診断技術者に配布できます。フィールド での利用には、Softing TDX.workshop が対応します。

これは、Softing TDX.studioで作成した 診断手順のランタイム環境として機能し ます。これは随時追加することができ、 後で更新機能を使用して変更することも できます。診断結果はレポートトとして 保存でき、すべてのアクティビティを確認 することができます。さらに、すべてのデ ータを追加で解析することができます。

Overview

サービスにおける過酷な使用 状況にも柔軟なツール

Softing TDX を使用するとサービス テ スト担当者が、耐久性ラップトップを作 成して、VCI (車両通信インターフェイス) に最新のワイヤレス LAN を使用して接 続することができます。システム全体を、 ワークショップでもフィールドでも、車両 の中、外側、車両の下でも、あらゆる気候 条件でも使用できます。これ以上の診断 の自由度はありません。

高度なカスタ マイズが可能

Softing TDXのユーザー インターフェ イスは、使用する診断方法に依存しませ ん。従来型のECUベースの診断、または 現象ベースのいずれであっても、KIがす べての計測に対応します。 Softing TDXには障壁はありません。 シーケンスは、開発システムで生成さ れ、新しいリンクが作成されます(PDF、 画像、動画などの説明や図)。ユーザー インターフェイスは、企業のデザインや 個別のアプリケーションに合わせて調整 することができます。Softing TDXは、す でに20カ国語に翻訳されており、容易に 他の言語にも対応できます。

組み込まれたセキュリティ とユーザー権利の管理

サービス アプリケーションには多くのノ ウハウがあり、乱用される可能性があり ます。Softing TDXはこのような問題に も対応しています。ソフトウェアのコピー に対する保護として、ライセンスとユー ザー管理により侵害を防止することがで きます。また、ハード ドライブ上の データは保護されています: カスタマイ ズされた暗号化による。ロール コンセ プトにより、機能的な制限または他のグ ループに対する許可のメカニズムを提供 します、例えば特別に訓練された社員専 用の特定サービス機能へのアクセス。

世界標準のサポー トによる投資の保護

Softing TDXは、診断プロセスについて はOpen Test Sequence Exchange標準 に準拠し、制御装置の通信およびデータ 解釈についてはOpen Diagnostic Data Exchange標準に準拠しています。Open Test Sequence ExchangeまたはOpen Diagnostic Data Exchangeデータはす でに採用済みで、Softing TDXで利用可 能です。

2つのツール - 1つのゴール: サービスエイドによる容易 な定義

Softing TDXは、2つのツールを提供し ます。Softing TDX.studioは開発システ ムで、診断ツリーによるプロセスと表示 を使用しています。また、通信データの 入力には Softing TDX.studio を使用し ます。標準的なタスクには、テンプレー トとウィザードが利用でき、タスクをす ばやく実行できます。作成した診断は、 配布のためにそのままパッケージ化され ます。

全体として、あるいはパーツごとに。パッ ケージは、インターネット経由またはハ ードディスクで、サービス技術者または 診断技術者に配布できます。フィールド での利用には、Softing TDX.workshop が対応します。

これは、Softing TDX.studioで作成した 診断手順のランタイム環境として機能し ます。これは随時追加することができ、 後で更新機能を使用して変更することも できます。診断結果はレポートトとして 保存でき、すべてのアクティビティを確認 することができます。さらに、すべてのデ ータを追加で解析することができます。

Technical Information

Technical Data 
Standard compliance

ISO 13209 (OTX) – Open Test sequence eXchange,
ISO 22901-1/ASAM MCD-2D, ODX V2.2.0 – Open Diagnostic Data eXchange,
ISO 22900-3/ASAM MCD-3D Application Programming Interface V3.0.0,
ISO 22900-2 (D-PDU API) via CAN, K-line and Ethernet (DoIP Collection/Entity/Group/Vehicle),
ISO 14229 (UDS)

Compatible VCIs (Vehicle Communication Interfaces)

Softing VIN|ING Interfaces: Series 1000; Series 2000
Softing EDIC Interfaces: EDICusb,
Softing CAN Interfaces: CANpro USB,
Kvaser CAN Interfaces: Leaf Professional HS, Leaf Light HS, Leaf Light HS v2, Leaf Light HS v2 OBD
Peak Interfaces: PCAN-USB
…and more

Requirements

PC or notebook with at least 2 GHz and 2GB RAM, screen resolution ≥ 1280x1024 (XGA) recommended
Supported operating systems: Windows 10 (version tested for each release)

Order Information

Order Numbers 
STDXL+STUDIOSofting TDX.studio single license
STDXL+WSSofting TDX.workshop single license
STDXL-ST-MSPMaintenance and support package for Softing TDX.studio incl. support by telephone and e-mail with regard to installation, setup and operation as well as minor and medium software upgrades free of charge
STDXL-WS-MSPMaintenance and support package for Softing TDX.workshop incl. support by telephone and e-mail with regard to installation, setup and operation as well as minor and medium software upgrades free of charge
Supplementary Products and Services
DTS8L+MONACOUniversal engineering tester for diagnostic and control functions of vehicle ECUs with OTX Runtime
HSCHSC multibus interface for CAN, ISO 9141-2 and Ethernet with WLAN/LAN/USB interface and D-PDU API – other VCIs in accordance with “DTS System Overview” data sheet possible
Consulting, TrainingWe provide support on the subjects of diagnostics, ODX, OTX and on the use of Softing TDX – all as general training sessions or specially tailored to suit customer requirements. Challenge us!
«