Softingスマート診断エンジン | SDE

ライフサイクル全体で診断機能、診断シーケンスおよびサービスのための、プラットフォームに依存 しないランタイムシステム。

SoftingのSmart Diagnostic Engine(SDE)は、高性能なランタ イムシステムで、簡易な診断サービスや複雑で自動化された診 断さえも解釈して実行します。Softingの診断-基本システムに基 づいており、標準化されたOpen Diagnostic Data Exchange お よびOpen Test Sequence Exchangeの診断フォーマットを使 用し、また使いやすいアプリケーション インターフェイスで拡張 しています。モジュール式でプラットフォームに依存しないSDE は、診断にパラダイムシフトを引き起こします。 追加のSmart Diagnosticアプリケーション インターフェイス は、詳細な診断知識を必要しないことを前提に、機能指向の診 断アプリケーションに焦点を当てています。同時に、SDEでア プリケーション インターフェイスのインターフェイスに対する「 リモート」でのアクセスが可能です。そのうえ、すべての関連す る診断プロトコルとバスシステムをサポートし続けます。プラッ トフォームに依存しないため、製品のライフサイクルでの継続 な再度の利用が保証されています。

 

適用領域

エンジニアリング: 実験室、テスト セットアップ、または開発 車両のテスト システムに運用し、診断またはプログラミング の基礎として
テスト: テストベンチまたはHiLテスト システムに統合され た独立したオートメーションコンポーネントとして
生産: 自動プログラミング ステーション用、または車両出荷 時のスタンドアロンフラッシュアプ リケーション用、行末更 新およびテストシステムとして
アフターセールス: ワークショップ テスターに 組み込み、またはバックエンドの診断用コンポーネントとして

 

特長

  • 簡素化されたアプリケーション インターフェイスと短縮さ れた運用時間により、独自の開発またはワークショップ テ スターの実装を加速させます
  • ライフサイクル全体で、Windows、Linux、Android、および iOSでのSDEのプラットフォームに依存せずに使用できます
  • 今日の診断タスクの多様な要件に対応する唯一のコンポー ネント
  • リモートアクセス、それにより将来に渡って使用可能(例、SOTA ユースケース用の使用)
  • ユーザーインターフェイスの有無にかかわらず自動化の程度 に準じる
  • すでに作成された診断、プロジェクト、およびプロセスの継 続的に再利用できます
  • 既存のコンポーネント、さらには外部のコンポーネント(例えばJavaのジョブなど)との統合ができます
  • 特別なランタイム形式による高性能な診断

概要

Open Diagnostic Data Exchange / Open Test Sequence Exchange ランタイムシステム

非常に高性能にもかかわらず、低システ ム要件、統一診断サービス、OBD、およ びJ1939サンプルテンプレートを含む

SDEは診断基本システムを基にしてお り、高性能ランタイムシステムで個々の サービスをする診断通信(Open Diagnostic Data Exchange)と複雑な診断プロ セス(Open Test Sequence Exchange) の両方を効率的に処理します。一般的な すべての診断プロトコルおよび規格、 つまり、統一診断サービス、DoIP、 J1939、KWP、OBD、D-PDU API、およ びバスシステムCAN/CAN FD、イーサネ ット、およびLINは、車両通信インター フェイス(VCI)を通じサポートしており、 それはSDEの基本機能の一部です。最 初のテストでは、仮想インターフェイスを 用いた模擬通信も利用できます。SDEは 使用される車両通信インターフェイスに 応じ、複数のECUとのパラレル通信が可 能です。その結果、たとえば、ECUのパラ レルフラッシュが容易に可能です。

その低いシステム要件でありながらも高 性能であるため Softing SDEはPCの使用だけでなく、組 み込みシステムにも適しています。ランタ イム形式も同様にこれに貢献し、目的別 のデータプロセスに応じて使用でき、 大 幅なデータ削減をもたらします。

付属品目に、診断をさらに簡単かつ迅速 に行うためのテンプレートと事例集が含 まれています。これらのテンプレートに は、UDS on CANおよびUDS on IPの サンプルプロジェクトで、3つのサンプル ECU毎に、標準規格で定義された サービスの範囲で、OBDおよびJ1939用 テンプレートが含まれています。これら は必要に応じて簡単に調整および拡張 できます。

EXCHANGE Open Test Sequence Exchange (ISO 13209)

自動化された診断プロセスおよびテスト.

ISO 13209に準拠したOpen Test Sequence Exchangeは、Softingの診断-基 本システムおよびスマート診断エンジン に不可欠な要素です。ランタイム環境で Softing SDEを用いると、複雑なOpen Test Sequence Exchangeプロセスで も非常に効率的に実行できます。SDE は複雑な診断と同様にテスト システム の一般的なテストケースにも適していま す。Softingの特徴的な拡張機能により、 メソッドの処理や診断プロセスを行うこ とも容易になります。

しかしながら、自動テスト環境(例え ば、Hardware in the Loop - HiL)で用い る場合は、アプリケーション インター フェイスへのフルアクセスは必ずしも必 要ではありません。加えて、SDEはコマン ドラインでのアクセスから効率的かつ正 確に制御されます。

高いデータセキュリティ を持った診断

使用されるOpen Diagnostic Data Exchangeデータはスマート診断エン ジンで安全に処理できます。必要に応 じて、リリースされたユーザーのみがこ のデータを使用できるように、Open Diagnostic Data Exchangeデータベー スをカスタマイズされた暗号にするこ とができます。これは追加のライセンス 情報によって保護されており、外部から のアクセスから社内の知識を保護しま す。Open Test Sequence Exchangeス クリプトにも同様に当てはまり、これも 暗号化できます。

機能

■ 車両簡易テスト(クイックテスト) ステータスレポート含む
■ 制御ユニット(ECU)識別
■ フォルトメモリ(トラブル診断プログラ ム)の読み取りと消去
■ 制御ユニット(ECU)交換および(再) プログラム
■ 制御ユニット(ECU)のコーディング
■ 診断サービスによる計測データの 読み取りと保存
■ アクチュエーターの設定と評価
■ フラッシュプロセスと機能テスト の自動化(UIの有無にかかわらず)

機能的なアプリケーション イ ンターフェイスアクセスによる 開発期間の短縮

縮小によってとても使いやすいスマート 診断アプリケーション インターフェイス (SDA)の助けにより、診断機能をあら ゆるテスト システムに非常に効率的に 統合することができます。SDAは、診断 サービスまたはプロセス全体への複数の 呼び出しを独自の機能にインテリジェン トなカプセル化を行い、実際のテストの 複雑さを大幅に軽減します。診断の実装 に関する完全な知識が不要になり、ト レーニング期間が長くなりません。それ と同時に、診断機能に一貫した同一のラ ベリングを行うことでエラーの割合を大 幅に減少させます。さらに、新しいECU やテストのバリエーションを変更する必 要がないため、テストのメンテナンスは かなり安価になります。

ランタイムシステムへのアクセスは、 通常、SDAを通じて行われ、SDAは C++、C#、およびJavaで使用可能で す。ただし、エキスパートシステムについ ては、ISO 22900-3に準拠したASAM MCD-3D/MVCIサーバー アプリケー ション インターフェイスで直接プロ グラミングもできます。

DOIPおよびパラレルリモート アクセスのモニタリング

Softing SDEは、車両通信におけるイー サネットの使用拡大に対応しています。 実績のある車両バス(Trace)に通信を 記録できるだけでなく、これを用いると さらにDoIP通信を監視および記録でき ます。効率的なメッセージフィルタを含 むPDUレベルでのモニタができ、ユーザ 操作をより良いものにしています。

リモート接続設定機能を、Smart Diagnostic アプリケーション インターフェイ ス機能の最初から考慮されており、対応 する使用例も利用できます。ネットワー ク技術からの共通の標準を参照に使用 方法を設定しています。特に、複数のア プリに同時にアクセスするマルチクライ アントシナリオは、主要の案件と認識し ています。Softing SDEは、同時に行わ れるクライアントとの重要な通話を中断 または遮断することなく、検出して管理 します。

ライフサイクルにおけるさま ざまなターゲットプラットフォ ーム

SDEはC ++で実装されており、現在 すべての関連プラットフォーム (Windows、Linux、Android、および i OS)で利用可能です。したがって、これ はWindowsアプリ診断ツール セット9 (開発テスター)またはSofting TDX (アフターセールス用ワークショップ テ スター)の不可欠な作業工程であるだけ でなく、テストベンチまたは自動車TCU に組み込まれた診断、データロガーまた は自動車通信インターフェイス(VCI)の 診断にも実装できます。すでにお持ちの アプリや設定に加えた使い方でも、モ バイル診断アプリケーションとSofting SDEを一貫した使い方でも実装できま す。

製品

«

We use cookies to ensure the best experience on our website. Your cookies can be disabled at any point. By proceeding without changing your settings, you agree with us. More details can be found in your privacy policy.