Data NetworksAutomotive Electronics

Diagnostics 4.0 – リモート診断と クラウド診断

テレマティクス サービスでインターネット接続を供給するリモートシステム上の ECUの診断を実施します。最先端のクラウド ベースの技術とセキュリティ メカニズムを使用することにより、データの収集と解析、およびデータ プロセスの観点に関する全体的なアプローチが可能になります。

リモート診断

アプリケーションと車両間の長距離 1:1 接続を介して、包括的な ECU データを送受信します。

クラウド 診断

事前に設定されたキャンペーンを使用して自律走行型クラウドアプリケーションを介して世界中のECUデータを収集して送信します。

バックエンドインフラストラクチャと診断ノウハウを活用して、開発とアフターセールス分野で世界中に接続します。

Remote use-cases & cloud applications

 

Softing DTS.monaco

開発クライアントと開発サーバー

Softing DTS

  • テスト ベンチの監視
  • 開発ネットワーク
  • 障害検出
  • リモート開発とトラブルシューティング
  • テスト トラックのテストドライバーをサポート
 

Softing TDX

リモートアシスタント

Softing TDX

  • リモートでユーザ車両のトラブルシューティング
  • 整備工場の SOTA
  • 走行中の技術サポート
  • バックエンドの物流データへの接続
 

Softing SDE

機能診断サーバー

  • データの収集とプロビジョニング
  • SOTA
  • リモートクライアント用のサーバー
  • データ計測
  • TCU (Telematic Control Unit) 上の組込み診断コンポーネント
  • 暗号化されたデータの使用方法
 

VIN|ING 2000

ですべての診断上の課題を柔軟に解決

 

VIN|ING 2000 は現在の Wi-Fi または USB を用いたコンピューター接続の標準的使用事例を解決できるだけでなく、今後到来するリモート診断の課題やスタンドアロン運用にも完璧に対応しています。これを可能にしているのがデバイスに組み込まれている新型 Softing SDE です。これは実績のある標準的なコミュニケーションコンポーネントを機能的なアクセス・インターフェースと組み合わせたものです。これにより、コンピューター上の通常のシーケンスおよび機能全てが車両通信インターフェイス上でも直接使用可能になり、 Wi-Fi 接続やバンド幅あるいは遅延の問題はなくなります

«