Data NetworksAutomotive Electronics

VIN|ING 2000 インターフェイス

開発、生産、アフターセールス サービスのための高性能な車両通信インターフェイス(VCI)

VIN|ING 2000 の開発によって、高性能な VCI が VIN|ING 製品グループに加わりました。VIN|ING 2000 は、コンパクトに設計されており、ホストシステムへは Wi-Fi 、 LAN および USB インターフェイスを介し、車両への接続は CAN/FD 、 K-Lineおよびイーサネットを対応しています。VINING 2000は将来性の高い生産アプリケーションおよびサービス・アプリケーションに特に適しています。

適用領域

  • 開発、生産およびサービスにおけるモバイル端末使用事例
  • 高速で信頼性の高いECU プログラミング
  • ロードテストにおける診断テストとデータロギング
  • DoIP(Diagnostics over IP)による将来性のある診断 ソリューション

特長

  • インターフェイス内でのデータ前処理およびプロトコル処理 による確実な時間挙動
  • 組み込み型診断コネクタを用いたコンパクト設計
  • 証明付きのエンタープライズ認証による最高のWLAN安全性
  • 磁気固定具を用いた柔軟なUSBケーブルおよびLANケーブル
  • 診断ランタイムシステムの統合によるリモートアプリケーシ ョン用オプション

概要

生産とサービスにおけるモバ イル用途

VIN|ING 2000のWLANインターフェイ スは2つの独立した通信チャンネルを 備えており、IEEE 802.11 a/b/g/h/nの 2.4 GHzと5 GHzの帯域をサポートしま す。WPA2/PSKやWPA2/RADIUSなどの 現在の暗号化技術や高性能ローミング 機能は、生産ラインやサービスで使用す るための前提条件です。さらに、このデ バイスは、診断手順における相互機能用 に、さまざまなスリープ/ウェイクアップ モードとプログラム可能なファンクション キーを備えています。USBまたはLAN経 由でアプリケーションコンピュータと通 信する場合、大きな機械的負荷がかかる とMagCodeコネクタはケーブル接続を 切断する所定の中断点を表します。

MVCIサーバーを使用したリ モートアプリケーション

前モデルHSCの決定的な変更を行い、- VIN|ING 2000は革新的で現代的なア プリケーションシナリオのために 装備されています。高度に統合された コンポーネントとモジュール式のソフト ウェアアーキテクチャにより、車両通信 インターフェイス上でのMVCIサーバーの 実行と予約済みOpen Diagnostic Data Exchangeデータの処理が可能になりま す。これにより、さまざまなモバイルアプ リケーションで、テスターシステムから車 両へのリモートアクセスが可能です。

スタンドアロンでの使用

VIN|ING 2000でOpen Test Sequence Exchangeプロセス を実行すると、診断 タスク全体を独立に、ホストシステムへ の接続なしに処理できます。このよう に、例えば、自律プログラミングソリュー ション、アクチュエータ診断、その他の制 御タスクを簡単にコスト削減しての使用 が実現できます。

MVCI D-Server on the host system

MVCI D-Server on the VIN|ING 2000

Video

Technical Information

Technical Data 
HousingPolyamide housing, approx. 135 x 50 x 25 mm
Power supply7 ... 32 V via vehicle diagnostic connector
Current consumptionTypically 300 mA at 12 V, depending on the operating mode
Microcontroller1 GHz ARM Cortex CPU with Realtime Co-Processor
PC interfaceUSB     V2.0 high-speed, 480 Mbit/s via optional USB cable
LAN     100 MBit/s via optional LAN cable (in preparation)
WLAN  IEEE 802.11 a/b/g/n/h (2.4 and 5 GHz), 300 MBit/s (Infrastructure and Access-Point)
            Highest WLAN security due to enterprise authentication with certificate handling
Vehicle interfaceIntegrated diagnostic connector acc. to ISO 15031-3
CANCAN channels for CAN FD with high-speed in acc. with ISO 11898-2
ISO 9141-22 K-Line channels for 12V and 24V vehicle systems; one K-Line usable as L-Line;
Baud rate max. 250 kBaud (depending on the protocol and bus physics)
Ethernet/DoIPEthernet 100Base-TX and Ethernet Activation Line according to ISO 13400-3
Digital inputsIgnition (KL 15)
Two capacitive buttons, movement detector (use depends on the operating software)
Status indicators2 RGB light diodes for optical signaling (programmable, use depends on the operating software)
Acoustic signaling (programmable, use depends on the operating software)
Power managementConfigurable stand-by mode <1mA (use depends on the operating software)
Wake-up on: CAN, KL 15, RTC and motion sensor
Temperature rangeOperation: -20 ... +45 °C, storage: -20 ... +85 °C
Protection ratingDust and splash water protection in accordance with IP52
EMC conformityCompliant with RED Directive 2014/53/EU and FCC Part 15 Subpart B
Radio permitsCountries of the EU, Iceland, Canary Islands, Liechtenstein, Switzerland, Turkey, Japan, USA
In preparation: Australia, Brasilia, China, Hong Kong, India, Canada, Mexico, Philippines, Russia, Singapore,
South Korea, Taiwan, Thailand
Other countries on request
Software interfacesD-PDU API according to ISO 22900-2 for Windows and Android (Linux and iOS in preparation),
supported protocols:
- UDS on CAN
- UDS on IP (DoIP)
- KWP2000 on K-Line (in preparation)
PassThru API according to SAE J2534-1 for Windows, supported protocols:
- Diag on CAN (from 01/2020)
- CAN RAW (from 01/2020)
- KWP2000 on K-Line (in preparation)

Order Information

Order Numbers 
VI-BA-2100VINING 2000 Multibus Interface with WLAN/LAN/USB and integrated diagnostic connector (ISO 15031-3)
2 x CAN / CAN FD with high-speed bus physics
2 x K/L-Line ISO 9141(-2)
Ethernet for DoIP
Incl. D-PDU API software according to ISO 22900-2 for UDS on CAN and UDS on IP
ZB-KA-1010MagCode Adapter and USB cable for VINING 2000
Supplementary Products and Services

Softing SDE

The Smart Diagnostic Engine as a platform-independent runtime system for diagnostic functions, sequences and services throughout the entire lifecycle.

Softing DTS

The Diagnostic Tool Set enables the creation of consistent diagnostic functions and sequences based on international standards.

Softing TDX

The flexible solution for diagnostics and flash programming in mobile or stationary use.

Softing VCF

The Vehicle Communication Framework as powerful middleware for all applications in vehicle communication.

Downloads

Downloads 
Data SheetVIN|ING 2000 – Powerful VCI for Manufacturing and After-Sales Service
Flyer VIN|ING VCIsVIN|ING Family – One Solution. Many Form Factors. The VIN|ING VCIs for innovative Communication Concepts.
«