Automotive Electronics

VIN|ING 3000/6000 Diagnostic Interfaces (on project basis)

Universal VCI for engineering

2つのプレミアムVCI、 VIN | ING 3000 およびVIN|ING 6000は、開発中および テスト領域にある車両バスシステムのす べての診断および測定作業に理想的な 機器です。モジュラーシステムは、それ ぞれのユースケースに合わせたデバイス 構成を可能にします。これは、最大級の 柔軟性を備えた低コストの実現を意味 します。

適用領域

  • 開発、テスト分野および生産のための普遍的な車両通信 インターフェイス
  • ロードテストにおける診断テストとデータロギング
  • 診断およびバス シミュレーション
  • 車両通信フレームワーク(VCF)によるタスク測定とバス分析
  • VCFとのインターフェイスにおける顧客アプリの統合

特長

  • 2個または6個のプラグインモジュール用のモジュラー 通信プラットフォーム
  • 一般的な全ての車両インターフェイスと柔軟に組み合わ せる
  • FPGA「ソフトウェア」による新機能とインターフェイスの 統合
  • 頑丈なアルミ製ハウジング

概要

効率的かつ将来に渡って安全

効率的な800 MHzデュアルコアプロセッ サと大型プログラマブルロジックデバイ ス(FPGA)が、車両バスシステムとの通 信および関連するデータ処理の心臓部 です。FPGAでは、IPコア、例えば、CAN FDおよびFlexRayに置き換える場合も、 将来の車両インターフェイスの改造また は拡張も可能です。さらに、標準化され たインターフェイスを介せば、追加のモ ジュール、例えばグラフィックタッチディ スプレイを採用できます。D-PDU APIに 加えて、VCF(Vehicle Communication Framework)ソフトウェアライブラリ は、計測、データロギング、バス シミュ レーション、バス解析などのアプリケー ション用の総合的ライブラリを提供し ます。

モジュール方式と柔軟性

このデバイスは、2つまたは最大6つまで のプラグインモジュール用に設計されて おり、クラシックなCAN、CAN FD、Kラ イン、LIN、SENT、FlexRay、BroadR-Reach などの車両インターフェイスの組 み合わせを(ほぼ)可能にします。アプリ ケーションコンピュータとの通信には、 1 GBit EthernetとUSB高速インターフェ イスが利用可能です。さらに、デバイスに は、WLAN、GPS、または追加メモリを搭 載した4つのUSBホストインターフェイス を装備することができます。必要に応じ て、スリープ/ウェイクアップ機能、モーシ ョンセンサー、またはリアルタイムクロッ ク(RTC)を使用できます。

挿入型モジュール

モジュール1:2 x Classic CAN/FD、 2 x K-Line/LIN/SENT、 2 x ユニバーサル IOs モジュール2:4 x Classic CAN/FD、 2 x ユニバーサル IOs モジュール3:2 x DoIP用イーサネット、 2 x BroadR-Reach、 2 x ユニバーサルIOs モジュール4:2 x Classic CAN/FD、 2 x Kライン、1 x DoIP用イーサネット (予定)

Technical Information

Technical Data 
HousingAluminum housing with plastic protective caps, approx. 175 x 150 x 112 mm
Power supply8 ... 36 V
Power cosumptionApprox. 25 Watts
Microcontroller800 MHz ARM main processor
PC interfaceUSB     V2.0 high-speed, 480 Mbit/s, optional USB cable (curr. only for device configuration
LAN     100 MBit/s
Vehicle interfaceUp to 6 slide-in modules, all signals galvanically isolated from the PC interface
CAN1-10 CAN/CAN-FD controller with variable bus physics
ISO 9141-22-10 UART channels with variable bus physics (ISO 9141-2 LIN / SENT)
Ethernet2 x Ethernet 10/100/1000 Base-T, 2 x BroadR-Reach
Analog/digital inputsPer module 2 x analog/digital GPIO (up to 12 GPIOs)
Status display4 RGB light-emitting diodes on the base module and 4 more per slide-in module Acoustic signal transmitter (programmable, depending on the software used)
Power managementConfigurable stand-by mode (depending on the software used)
Wake-up on I/O trigger, RTC and bus communication (depending on the software use
Temperature rangeOperation: -40 ... +70 °C (depending on the expansion stage), Storage: -40 ... +85 °
EMC conformityInterference immunity EN 61000-6-2
Interference emission  EN 61000-6-3
Software interfacesVehicle Communication Framework (Softing VCF)
D-PDU API in accordance with ISO 22900-2 for Windows (Linux, Android and iOS on request)

Order Information

Order Numbers

 

VI-BA-6000

Modular vehicle communication interface (VCI) with ARM dual-core CPU and integrated FPGA

  • 1 x Gigabit-Ethernet interface

  • 3 x USB host interface (of which 2 x internal)

  • 1 x USB device interface for connection to the PC

  • 2 x GPIO

  • Function button

  • LED displays

6 expansion slots for vehicle communication buses with galvanic isolation

VI-BA-3000

Modular vehicle communication interface (VCI) with ARM dual-core CPU and integrated FPGA

  • 1 x Gigabit-Ethernet interface

  • 3 x USB host interface (of which 2 x internal)

  • 1 x USB device interface for connection to the PC

  • 2 x GPIO

  • Function button

  • LED displays

2 expansion slots for vehicle communication buses with galvanic isolation

VI-CA-1000

Slide-in module for the VIN|ING base unit with CAN and UART interfaces:
Port 1: D-SUB9 with 2 x CAN / CAN-FD (bus physics either high-speed, fault-tolerant or single-wire)
Port 2: D-SUB9 with 2 x UART (bus physics either ISO 9141-2 / LIN / SENT)

VI-AE-1000

Slide-in module for the VIN|ING base unit with automotive Ethernet interfaces:
Port 1: RJ-45 jack with 10/100/1000 Base-T Ethernet (DoIP)
Port 2: RJ-45 jack with 10/100/1000 Base-T Ethernet (DoIP)
Port 3: D-SUB9 with 2 x BroadR-Reach and 2 x Ethernet activation line for DoIP

Supplementary Products and Services

VC-BA-1000

VCF API Developer Kit

VC-SB-1000

VCF Server Base API

VC-SP-1000

VCF Server Premium API

Downloads

Downloads 
DatenblattVIN|ING 3000/6000 – Premium VCIs for Development, Test Environment and Manufacturing.
FlyerVIN|ING Family – One Solution. Many Form Factors. The VIN|ING VCIs for innovative Communication Concepts.
«