Data NetworksAutomotive Electronics

透過率計測 LTW-I

合成の ハウジングでテストされた品質保証 - レーザー溶接に提供される、合成製の蓋の透過率の計測

特長

  • アクセスの認証とユーザーの管理
  • パラメーターの設定
  • 計測したプラスチックのパラメーター設定機能(合格/不合格)
  • 計測プログラムの作成と管理
  • 計測データの可視化と保存
  • エンベロープの作成と編集
  • 限界監視の設定
  • ログファイルの作成

背景

多くの電子コンポーネントが、プラスチック製のケースに実装されて配布されます。たとえば、すべての車両メーカーが使用する大量の制御ユニットがあります。プラスチック素材の特性のばらつきにより、漏れが発生すると、製品のリコールに高額の費用が発生します。LTW-I でチェックすることにより、生産開始後のそのようなプロセスを回避することができます。

計測の原理

LED からの光は、ピンホール ディフューザを経由して供給されます。サンプルを透過した光は、反対側の内径 2 mm以下のステンレス チューブのオリフィスに到達します。チューブには、約 60 度の立体角で光を受光し、フォトダイオードに導く光ガイドがあります。フォトダイオードの電流は、光の伝達率に比例します。

ソフトウェア

設定用と測定用のソフトウェアを使用して、デバイスのすべての機能を調整し、計測プログラムを管理することができます。この目的のために、PC (Windows) の USB インターフェイスを使用して LTW-I に接続します。実際の計測操作では、これはオプションで、ユニットはスタンドアローンで動作します。LTW-I には複数のプログラムを保存して選択することができます。

«

We use cookies to ensure the best experience on our website. Your cookies can be disabled at any point. By proceeding without changing your settings, you agree with us. More details can be found in your privacy policy.