Softing DTS.cos - Develop your own applications for diagnosis

最新の ASAM MCD-3D3.0 規格ベースの 車両診断用の通信サーバー。

標準ランタイム システム DTS COSを診断通信に使用することにより、カスタム アプリケーションの開発を単純化。これにより、ユーザーは実際のタスクに集中して、結果を迅速に得ることができます。

Overview

適用領域

  • 開発/テスト:ECU のリリース、テストシーケンスの作成と検証、HiL システム
  • 生産:End-of lineのテストシステム、テストベンチ、プログラミング ステーション
  • サービス:サービス テスト担当者用の診断ランタイム システム

ECUと車両の情報へのシンボリック アクセス

通信サーバー DTS COS は、Softing 製品ファミリーの診断ツール セットの一部です。これは DTS Base Systemに広範に基づいています。可能な限りその機能範囲に対応し、ユーザアプリケーションは、ODX データに基づいて機能し、ECUと車両情報に対し MCD-3D アクセス アプリケーション インターフェイス上でシンボリックにアクセスできます。Softing VCIソフトウェアと OTX ランタイム環境は含まれていません。

DTS COS は、異なるメーカーのインターフェイスを介した異なるバスプロトコルの使用を可能にします。これにより、車両全体の複数のECUまたは異なるバス システムに同時にアクセスできます。必要な場合は、複数の車両インターフェイスと並行して通信できます。

ASAM テスト スイートで検証済み

DTS COS は、ASAM テスト スイートで入念にテストされており、関連する標準との高い互換性とパフォーマンスを有しています。高度なトレース機能により、開発者は自身のアプリケーションやECUとの通信におけるエラーを迅速に検出することができます。

独自のアプリケーションを短時間で開発

API 開発キットと多くのドキュメントとプログラミングサンプルには、特殊なテスト アプリケーションも含まれています。これにより、開発者は、自分でアプリケーションを開発することなく、ランタイム システムを通じて車両と通信をすることができます。特別な設定 API により、インターフェイスやプロジェクトなどを、外部アプリケーションからランタイム システムを完全に設定することができます。

Technical Data 
Partially based on the DTS Base SystemSee separate data sheet: Diagnostic Tool Set 8 – System Overview
Standard compliance, e.g.ISO 22901-1/ASAM MCD-2D, ODX V2.2.0 and 2.0.1 (Open Diagnostic Data Exchange),
ISO 22900-3/ASAM MCD-3D V3.0.0 programming interface,
ISO 22900-2 (D-PDU API)
Applications in Production and AftersalesUsage of diagnostic interfaces is recommended,
other interfaces need to be validated for the actual case of operation
Operating systemsAdditionally on request:
Windows XP (32-bit, SP 3),
Linux, Android and iOS (with different delivery scope possibly)
LicensingSeveral tools in the delivery scope for MS Windows based systems (e.g. Database Differ and Analyzer) are available with standard licensing via USB dongle or VCI only
PC remote accessSupported if a hardware interface is used for licensing,
on request only if an USB license dongle is used (needs to be indicated if ordering)
Order numbers 
DTS8L+COSStandalone ISO MVCI server incl. API access for user applications
DTS8L+COS-LITEStandalone ISO MVCI server incl. API access for user applications with the restriction, that the used ODX data respective DTS projects must not contain more than one single ECU
DTS8L-COSOptional extension for DTS Automation, DTS Monaco or OTX Studio: Access to the API of the ISO MVCI server with user applications
DTS8L-API-DKAPI Developer Kit for the ISO MVCI server.
Including test application, configuration API and interface description files to access the COM API. Documentation: ASAM MCD-3D reference, C++/JAVA/COM API incl. Softing specific extensions. Example applications: Java, Python, Visual Studio 2010 Solution for COM, C#, C++.
DTS8S-COS-STARTStart package with max. 40 h instruction and application support by telephone/ e-mail/ web conference or in person at Softing in Haar incl. one-on-one handover and documentation briefing.
DTS8L-COS-MSPMaintenance and Support Package for DTS 8 COS(-LITE) incl. support by telephone and e-mail with regard to installation, setup and operation; minor and medium software upgrades free of charge as well as major software upgrades at a reduced rate.
Supplementary Products and Services
S-DONGLEMicro USB license dongle, as an alternative to licensing on a hardware interface
Other cross-product optionsSee data sheet Diagnostic Tool Set 8 – System Overview
Downloadss
Data SheetDTS 8 COS
Data SheetDiagnostic Tool Set 8 - System Overview

For your free trial version of Diagnostic Tool Set 8 and OTX Studio please contact us at info.automotive[at]softing[dot]com 

特長

  • 最新の標準規格に基づくことによる、高速かつ効果的なエンジニアリングと、個々のツールサプライヤーへの非依存性
  • シンボリック アクセスにより、測定プロトコルの詳細な知識が不要
  • 後方互換性:ODX 2.0.1 レガシー モード、D-PDU API プロトコルに基づいた DTS 7 プロジェクト、DTS 7 JavaJob レガシー
  • コンパクトなランタイム形式によるストレージスペースの削減とフィールドにおける容易な更新
  • OEM 独自のランタイム データ暗号化による安全性の大幅向上

ランタイム形式

SODODXフォーマット にエクスポートできる編集可能なランタイム形式
SRDモノリシックの超小型*の、ODX/SOD などのクローズドなデータベースに対応したランタイム形式。
SMRモジュラー式**の超小型*のランタイム形式。

* ODX データ 60 ~ 180 に比較してよりコンパクトな車両とフラッシュのデータで (OEM/データ構造によって異なります)、オプションで OEM 独自の暗 号化が可能。
** ODX カテゴリ/単一コントローラー向け

製品

DTS COS車両診断用の通信サーバ DTS 8 COS。可能な限り DTS 基本システムの機能範囲に対応し、ユーザアプリケーシ
ョンは、ODX データに基づいて機能することができ、ECUと車両情報に MCD-3D アクセス アプリケーション イ
ンターフェイス上でシンボリックにアクセスできます。注意:Softing VCI ソフトウェアと OTX ランタイム環境は
含まれていません。
DTS COS LITE車両診断用の通信サーバー DTS 8 COSとして、 ODX データまたは DTS プロジェクトに最多でも1つの ECU が
含まれるという制限があります。
API 開発キット通信サーバー DTS 8 COS をベースにしたアプリケーションを開発するための API 開発キットです。以下を含み
ます。テストアプリ、設定 API、COM API にアクセスするためのインターフェイス解説ファイル。
ドキュメント:ASAM MCD-3D リファレンス、C++/JAVA/COM API、Softing 独自の拡張機能。サンプル アプリケ
ーション:Java、Python、Visual Studio 2010 Solution (COM、C#、C++)。
API スターターパックスターター パックには、最大 40 時間の電話、電子メール、Web カンファレンスによる解説とアプリケーション
サポート、または Haar の Softing における個別対応があり、個人向けのドキュメントが含まれます。
SMRオプション:モジュラー式の超小型のランタイム形式 SMR の生成。
SMR スターター パ ックモジュラー式の超小型のランタイム形式 SMR の初期のプロセス コンサルティングと製造。
Technical Articles
Standardized Runtime System with ODX and OTX
Diagnostics: Communication Server for all Standards
Advantages of Using Current International Standards in Vehicle Diagnostics
Vehicle Diagnostics - From Nuisance to Necessity (Part 1+2)
«

We use cookies to ensure the best experience on our website. Your cookies can be disabled at any point. By proceeding without changing your settings, you agree with us. More details can be found in your privacy policy.