Data Networks Automotive Electronics

TestCUBE2

ECU診断のための設定可能なシミュレーション

TestCUBE2は、ECUの診断をリアルなバス通信でシミュレーションするための設定可能なハードウェアとソフトウェアのソリューションです。

このデバイスを使用して複数のECUまたは車両全体を同じ条件でシミュレーションすることができます。

应用领域

  • 開発、テスト、製造における検証の準備
  • テスト装置と生産システムのリリース テスト
  • テスト装置の回帰テスト
  • CAN トレースの記録

特長

  • ECUが利用可能になる前にテストの開発が可能
  • 簡単なトレーニングにより容易に取扱いが可能
  • シミュレーション データをアーカイブすることにより、バリアントに利用可能
  • 複数の構成による高品質なテスト
  • ベストケース/ワーストケース テスト
  • プログラミング時のシミュレーションの変更と交換

概要

開発初期から検証の準備

テスト シーケンスの作成はバリューチェーン全体の課題です。テスト用のリモート ステーションとしてのコントローラーがありません。特に、初期段階でテスト方法を作成する場合は、利用可能な制御ユニットの機能テストを使用して実行することになります。その場合、テスト手順はいつ完全なものにできるでしょうか。TestCUBE 2 を使用することで、ECUの開発中にテスト シーケンスを確認することができます。

テスト装置の回帰テスト -ECUの交換不要

診断テスト装置は、通常のソフトウェアの更新のタイミングで新しい機能に更新することができます。回帰テストに必要なECUは、十分なテスト カバレッジを保証するためには、すべてのバリエーションでテストする必要があります。これは通常は不可能なため、シミュレーションが不可欠です。ECUとそのバリエーションの選択は非常に容易で、デバイスのシミュレーション ファイルを置き換えるだけです。これは、グラフィカル ユーザー インターフェイスから直感的な操作で行なうか、DLL を使用して自動テストで実行することができます。

容易なシミュレーション データの作成

検証の準備と回帰テストには、それぞれ適した方法があり、シミュレーション ファイルの作成により容易に実行できます。検証の準備では、テスト装置からのリクエストとシミュレーションからの応答のペアを、既存の ODX データの基づいたシンボリック レベルで比較します。これにより大きな誤差を回避することができます。

回帰テストでは、実際のECUのトレースを記録しすることで、あとでシミュレーション データを簡単に作成できます。ECUのレスポンスは手動でも容易に追加できます。この場合も、間違ったレスポンスの可能性があり、テスト装置の正しい動作を確認する必要があります。

その他の機能

  • 通信パラメーターの影響 (アドレス、タイミング、その他)
  • バス シミュレーション

Order Information

Order Numbers 
TestCUBE2-BU- High-performance interface with integrated adapter area (banana jacks)
- Applications for creating and configuring the ECU simulation
- ISO-TP protocol
- Configuration over USB
TestCUBE2-TRACEGeneration of ECU simulations from CAN trace data
TestCUBE2-ODXGenerator ODX data to ECU simulation
TestCUBE2-BUSSIMResidual bus simulation (importing CANdb files)

Downloads

Downloads 
Data SheetTestCUBE2 - Configurable Simulation of ECU Diagnostics  Automated ECU Test Based on Standard Tools
«