Data NetworksAutomotive Electronics

CanEasy

ECU開発用の Windows ベースの自動設定されたシミュレーション、解析およびテストの環境。

CanEasy は、のECU開発における繰り返しが必要なタスクを解決します。

CanEasy は、複雑なバスシステムをシミュレーション、バス通信の解析、高度な自動化、カスタム設定と簡単な拡張を可能にします。

適用領域

  • ECUの開発
  • 品質管理
  • プロトタイプの開発
  • 生産

特長

  • 高度な自動化 - バス シミュレーションを数分で実行できます。
  • シンプルでタスクに合わせて設定可能な作業環境
  • 統合開発環境 VBA および VSTA
  • COM インターフェイスまたは DLL として組み込み可能
  • CAN および LIN バス通信の完全な記録
  • ツリー表示、ドラッグ アンド ドロップ、およびコンテキスト メニューによる快適な操作
  • 内蔵エディターによるデータベース (通信マトリクス) の処理

优势

シミュレーション

ルを使用してすばやく容易に設定できます。このソフトウェアは、実際のE C U とシミュレーションされたECUを共通の環境で結合します。実際のECUとシミュレーションされたE C U が相互に通信します。自動的に作成されるパネル経由で、すべての CAN 信号の監視と変更ができます。シミュレーションされたECU (ノード) で利用可能な機能は、統合開発環境でプラグインを使用することにより VB、VB.net、または C# を使用してプログラミングできます。

解析

CANバスシステムでは、複数のECUが 1 つの関数に含まれていることがよくあります。これにより、複雑なリアルタイム通信を作成します。CanEasyは、接続されたすべてのバス (99 以下) のメッセージをフィルタリングなしで記録します。これにより、履歴データに後でアクセスすることができます。あるいは、データを CAN バス上で完全にまたはフィルタリングして再現することができます。CanEasy 開発環境で API を使用して、このような評価を自動化することもできます。

テスト

ECUのプラグインを使用すると、高いバス負荷の応答、特定の値、または通信エラーを確認できます。特定のテスト シナリオと自動化されたテストは、プラグインまたは内蔵のスケジューラで簡単に設定可能です。動的で複雑なシナリオも、プログラミングして同時平行に実行することもできます。

Order Information

Order Numbers 
CANEASY-WRK/LIZWorkstation license. The license is linked to the workstation (PC) and does not depend on the user.
CANEASY-USR/LIZUser license. The license is linked to the login name of a user, and can be used by that user on up to three workstations at any one time. Users must be natural persons. The login name must have a clear connection to the user name.
CANEASY-FLO/LIZFloating license. Use is limited to the number of licenses defined in the license file by the simultaneous use of the program or features in the network.
Supplementary Products and Services
CANEASY-WRK/MAMaintenance agreement for one year for a workstation license.
CANEASY-USR/MAMaintenance agreement for one year for a user license.
CANEASY-FLO/MAMaintenance agreement for one year for a floating license.
CANusb oder CANusb-CAR (with CAN-Lowspeed)One-channel CAN interface with sturdy aluminium housing and USB port
CAN-AC2-PCI NCAN-AC2-PCI: two-channel CAN interface as PCI board
CAN-PRO2-PCIECAN per PCI Express: two-channel CAN interface as PCIexpress board
CANcard2-CARCANcard2: two-channel CAN interface as PC card/PCMCIA board

Application example: Quickstart

Once CanEasy has been started, the communication matrix (e.g. DBC network files) is read in. Hardware settings, such as the interface/hardware used and the baud rate, must be set in the Bus Editor to be able to operate the simulation. The ECUs physically available are selected in the ECU Editor. If the values of specific signals are to be modified, these can be placed in user panels by drag & drop. If signals are to be displayed, these can be placed in the Signal Monitor by drag & drop. Thanks to the MDI architecture of CanEasy, the user can show required windows and hide non-required ones depending on the specific task.

Software

For your free 30-day CanEasy trial please contact .

«